創作ポスト

創作物の力で元気になろう。すてきな創作物を知りたい人、自分で創作物を作っている人に向けて、手紙を書くように記事を届けます。

[WordPress]直帰率が0%? 低すぎる場合に疑うべきこと

      2016/05/15

WordPressでブログを始めたばかりでGoogle Analyticsのレポートを見てみたら、直帰率が0%だった!
そんな現象に遭遇している皆さん、「マジかよ自分センスあるじゃん!!」と思ったりしないで、ちょっと落ち着いてください。もしかしたら正確にデータが取得できていないのかもしれません。
この記事では、正確にデータが取得できているかどうかの確認方法と、正確ではなかった場合の改善方法をまとめました。

スポンサーリンク

正確にデータが取得できているかどうかの確認方法

Google Analyticsの直帰率が0%になる原因として、1回ページを開いただけでGoogle Analyticsのスクリプトが2度読み込まれていることが考えられます。

まずは、自分のGoogle Analyticsのトラッキング IDを確認しましょう
Google Analyticsを開き、上部メニューのアナリティクス設定をクリックします。
プロパティ列のプロパティ設定を開いて表示される画面で、トラッキングID(UA-数字8桁-数字1桁 の形式)を確認し、この文字列を控えておきます。

次に、自分のWordPressに、先ほど確認したトラッキングIDが2度読み込まれていないかを確認しましょう
自分のWordPressブログを開き、右クリックしてページのソースを表示します。
Ctrl + Fを押して、先ほど確認したトラッキングIDでソースを検索します。
トラッキングIDが埋め込まれている場所が1箇所のみであれば、問題ありません。
ですが、2箇所以上読み込まれている場合は問題ありです。続きを読み進めて下さい。

解決方法

トラッキングIDが埋め込まれている可能性の高い箇所は、以下の通りです。

  • header.php
  • footer.php
  • functions.php
  • STINGERの設定画面
  • All in One SEOやGoogle Analytics for WordPressなどのプラグイン

これらの中で、Google AnalyticsのトラッキングIDを埋め込んでいいのは1箇所のみです。
どれか1箇所のみトラッキングIDを残し、他の埋め込み箇所は削除してしまいましょう。
※phpファイルをいじる際はバックアップを忘れずに

削除後にWordPressのソースコードを表示して、トラッキングIDが埋め込まれている箇所が1箇所になっていれば解決です。

この直帰率0%問題、実は僕も引っかかりました。
僕の場合は、STINGERとAll in One SEOの両方にトラッキングIDを設定していました。
設定箇所は以下の画像の赤枠部分です。

20160120-01
allinone

終わりに

新しいテーマやプラグインを使いはじめると、設定画面で何も考えずに項目を埋めていってしまうこともあるかもしれません。ですが、Google AnalyticsのトラッキングIDに関しては、2箇所以上埋め込んでしまうとPVや直帰率が正確に計れなくなってしまうので気をつけましょう。
以上、ブログをはじめた最初の1週間のPVが2倍になってしまっている僕がお届けしました。

 - Webサイト運営, WordPress ,

PAGE TOP