創作ポスト

創作物の力で元気になろう。すてきな創作物を知りたい人、自分で創作物を作っている人に向けて、手紙を書くように記事を届けます。

格安SIMで使うSIMフリー端末のおすすめの選び方/Zenfone Maxならメイン端末でも安心!

      2016/07/12

先日大手キャリアから格安SIMに乗り換えました。格安SIMで使うためのSIMフリー端末を選ぶ際にチェックしておいた方がいいな、と思ったポイントがあるので、この記事ではそれを紹介します。
SIMフリー端末はZenfone Maxを買いましたが、バッテリーの持ちやGPS精度も良く、ゲームもサクサク動く良い端末だったので、その紹介も行っています。

※この記事は、SIMフリー端末をメインのスマホとして利用しようとしている人向けの記事です。


スポンサーリンク

候補を絞るためにチェックしたポイント

LTE(4G)に対応している端末か

まず一番最初にチェックした方がいいと思うのはこのポイントです。
電車に乗っている時などで、電波状況が悪い地域に入ったりすると4Gから3Gに切り替わってしまうことってありますよね。その度にやっぱり3G回線は遅く感じます。

できることなら常に4G回線を使いたいですが、安いSIMフリー端末の中にはそもそもLTE(4G)に対応していない端末があります。
大手キャリアから格安SIMに乗り換える際に、SIMフリー端末もできるだけ安いものにしたくなる気持ちはありました。しかし、wifiが使えない環境では常に3Gになってしまうことを想像したら、LTE対応という条件だけは絶対に外せないと思いました。

ゲームアプリが動きそうか

スマホでゲームをする人はスペックにも注意した方がいいです。
というのも、安すぎる端末だとメモリが1GBしか搭載されていない場合もあるんです。
Amazonのレビューなどを見て、ゲームをするならオススメできない、というようなコメントがないかを確認しましょう。
Zenfone Maxは、ゲームに関しては低評価な意見よりも高評価な意見の方が良い印象を受けたので、買ってみました。

Zenfone Maxのスペックはこの通りです。
スペックが高いという程ではありませんが、試しに3Dゲームアプリを入れてみてもサクサク動いています。
背面が少し熱くはなりますが、動作には今のところ問題がありません。

20160609-1

アプリのテスト用端末としても使えるか

LTE対応とゲームアプリが動くような端末であれば、この条件は自然と満たすような気もします。
僕の場合は、購入に踏み切る前に一応Android OSのバージョン別シェア率をチェックしました。
2016年6月時点では、4.4以上のバージョンを使っている人の合計が80%弱になるので、4.4以上であれば問題ないと感じました。
手持ちのAndroid端末が他にあるのだとしたら、その端末とバージョンが被らないようにするのもひとつの手だと思います。

GPS精度は大丈夫そうか

方向音痴だけど観光が好きな人にとってはGPS精度も重要です。

上記3点だけでいえば、P8 lite, Zenfone 2 laserあたりも購入候補にしていました。
しかし、レビューを見てみると、どちらもGPSに関してはイマイチのような書き込みが目につきました。

Zenfone MaxもGPSに対する微妙なコメントが多少はありましたが、P8 lite, Zenfone 2 laserでGPSに対する散々な評価がついているのに比べれば、Zenfone Maxはまともな印象を受けました。
まだレビューの母数が多くないので、信頼できると言い切ることはできませんが、僕自身がZenfone Maxを使ってみても今のところ正確な位置を指しているので、GPSが酷評されている他の2つの端末に比べれば遥かに信頼できると思います。

Zenfone Maxのサイズ感と見た目はこんな感じ

20160609-2

一万円札とほぼおなじサイズです。割りと大きめですね。
大きすぎると使いにくいかとも思っていたのですが、今のところ快適に使えています。

20160609-4

背面は革っぽい見た目になっていて、ちょっと高級そうな雰囲気が出ています。
触り心地も良くて、マットな質感とさらさらの中間のような感じです。
ツルツルメタリックだと手に持っているときの異物感が半端無いので、触り心地が良いのは嬉しいですね。

終わりに

この記事では、格安SIMで使うためのSIMフリー端末を選ぶ際に気を付けたほうが良いポイントを紹介し、僕が購入したZenfone Maxの紹介も行いました。
この記事がこれからSIMフリー端末を買おうとしている人の参考になれば幸いです。

 - スマホ, 端末

PAGE TOP