創作ポスト

創作物の力で元気になろう。すてきな創作物を知りたい人、自分で創作物を作っている人に向けて、手紙を書くように記事を届けます。

アメコミ映画感想『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』

      2016/07/12

アメコミ『キャプテン・アメリカ』シリーズの映画第1作目である『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』が非常に良かったので、感想・紹介記事を書きました。あわせて関連作品の時系列も記載しています。
関連作品の『アベンジャーズ』は好きだけどキャプテン・アメリカはよく分からない、だけど『シビル・ウォー』も観たい……という想いからこの作品に触れましたが、見終えたときには見事にキャプテン・アメリカを好きになっていました。


スポンサーリンク

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』はこんな人にオススメ!

第一に、関連作品である『アベンジャーズ』シリーズを楽しみたい人には、間違いなくオススメできます。
『アベンジャーズ』だけを見ると、「キャプテン・アメリカって格好もダサいし、戦い方も他のヒーローに比べて地味だし、何が良いのかわからない!」という人もいるかもしれませんが、この作品を見ればキャプテン・アメリカのバックグラウンドを知ることができ、キャプテン・アメリカを好きになること間違いなしです。

また、人間臭いヒーローが好きな人、ストーリーの余韻を楽しみたい人にもオススメの作品です。
話の締め方だけでいえば90点を越える作品だと思っています。

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』とは

大手アメコミ出版社であるMARVELの作品を原作とした映画です。
同じMARVEL作品であれば、『スパイダーマン』や『アイアンマン』などであれば名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
そんなアメコミヒーローたちが集結する『アベンジャーズ』でもメインキャラクターとして描かれているキャプテン・アメリカですが、そのキャプテン・アメリカが主役を務める作品の第1作目が『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』です。

関連作品の時系列

『キャプテン・アメリカ』シリーズと『アベンジャーズ』シリーズを時系列順に並べると次のようになります。
それぞれの作品でこれまでの話の流れを振り返ったりするシーンはほとんどないので、時系列順に見ることをオススメします。

  1. キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(本作)
  2. アベンジャーズ
  3. キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー
  4. アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
  5. シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

あらすじ

舞台は1942年、戦時中のアメリカです。
主人公であるスティーブ・ロジャースは軍への入隊を強く志願していますが、それは敵国を倒したいというわけではなく、本当は誰とも戦いたくないが悪事を働くものは倒さなければならない、という想いを抱えているが故のことです。非常に正義感の強い男なのです。
しかし、スティーブはチビでガリガリのモヤシ男。軍への入隊試験に何度も落とされています。
そんなスティーブですが、ある日、軍の極秘実験である「スーパーソルジャー計画」の関係者である博士に人格を気に入られたことをきっかけに実験の対象に選ばれ、強靭な肉体を手に入れキャプテン・アメリカとなるのです。

この実験の被験者は、その人間の内なるものを最大限に引き出してしまうので、善人はより善人に、悪者はより悪者になってしまいます。超人にはなれますがこんな副作用もあるため、スティーブのような人間が求められていたのです。
本作の悪役は、この実験の副作用が知られていなかった頃に生み出されてしまった、より悪者になった側のレッドスカルです。スティーブは、レッドスカル率いるヒドラ党が実現しようとしている世界征服を阻止するべく戦うことになります。

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』の見どころ

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』の中で、特に面白かったポイントは次の3点です。
これらのポイントについて、これから詳しく紹介していきます。

  • 軍からの命令に相反する気持ちとの葛藤
  • 普通の人間の仲間と信頼しあい、共に戦う
  • 話の締め方がとにかく良い

軍からの命令に相反する気持ちとの葛藤

悪と戦いたかったにも関わらず、虚弱な体のため軍に入隊することができなかったスティーブですが、念願の強靭な肉体を手に入れた後も苦労することになります。

人質に取られた小さな子どもをひとりで救ったことなどによりスティーブはキャプテン・アメリカとして国中から注目されるのですが、軍はその注目度の高さを利用し、キャプテン・アメリカを軍資金を集めるためのマスコットとして起用します。
そのため、キャプテン・アメリカが戦地に行くことはなく、国債を買わせるためのミュージカルを舞台で行う日々を過ごすことになります。

マスコットをこなすことが軍からの命令なので、それに反することはできません。
しかし、スティーブがマスコットとしての役割をこなしているうちに、幼少期からの親友であるバッキーが所属する部隊が戦地で捕虜となってしまいます。
親友を助けに行きたいしその力もあるはずなのに軍からの命令には背けない、というスティーブの境遇を見ていると、スティーブのことを応援したくなるんですよ。
スティーブが立ち上がることを決意するシーンはなかなか熱いものがありました。

普通の人間の仲間と信頼しあい、共に戦う

アメコミのヒーローって割りと物凄い力を持っていたりするので、普通の人間と協力して戦うイメージがありません。ですが『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』では、キャプテン・アメリカが普通の人間と共闘するシーンがたくさんあります。
スティーブの人柄が良いということもあり、スティーブは軍のメンバーと次第に信頼関係を深めていき、危険な任務だとしても望んでキャプテン・アメリカに付いてきてくれる仲間を持ちます。

キャプテン・アメリカの武器であり防具でもある盾が奪われ窮地に立たされた時に、仲間がその盾を取り戻して届けてくれたり。
敵の攻撃によりキャプテン・アメリカが盾を落としてしまった時も、仲間がその盾を使ってキャプテン・アメリカを庇ったり。
仲間がいなかったらこの作品中でキャプテン・アメリカは死んでしまう気すらします。
だけど、普通の人間の仲間と助け合うそんなキャプテン・アメリカだからこそ、超人的な力を持っているのに、人間にすごく近い感じがするんですよね。

話の締め方がとにかく良い

話の締め方がとにかく良いんです。締め方だけでいえば90点を越えるレベルに良いです。

スティーブには、お互い想い合っているのにお互い素直になれない不器用な関係のヒロインがいて、スティーブはそのヒロインとデートの約束をして最後の戦いに向かいます。
その最後の戦いを終えてからのスティーブのセリフとか表情がもうほんとに良いんですよ。
あれを見た瞬間にスティーブというキャラクターがものすごく好きになりました

恋愛要素って作品によっては邪魔になることも多いと思うのですが、この作品では非常に活きています。
ヒロインとの関係がどうなるのかは実際に作品を見て確かめて欲しいですが、見終えたあとには思わずためいきをついてしまう読後感のようなものがある話の締め方でした。
これからのスティーブの物語も見届けたい、という気持ちになるはずです。

終わりに

『アベンジャーズ』を見ただけでは、「キャプテン・アメリカって格好もダサいし、戦い方も他のヒーローに比べて地味だし、何が良いのかわからない!」と思っていました。ですが、この作品を見ればキャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャースというキャラクターを好きになること間違いなしです。
関連作品を楽しむためにも是非見て欲しい作品でした。

 - おすすめの創作物, 映像作品 , ,

PAGE TOP