創作ポスト

創作物の力で元気になろう。すてきな創作物を知りたい人、自分で創作物を作っている人に向けて、手紙を書くように記事を届けます。

シンプル操作で敵をなぎ倒せ! 横スクロールアクションゲームアプリ『Dragon Hills』の感想とゲームデザイン

   

iOS/Android両対応のスマホ向け横スクロールアクションゲームアプリ『Dragon Hills』がシンプルな操作で爽快感を味わえる面白いゲームだったので紹介します。
前半で『Dragon Hills』がどんなゲームなのか、またどうして面白いのかを紹介します。後半では、『Dragon Hills』を更に面白くするにはこうすれば良いのではないかな、という僕の個人的な意見を書いています。
「とりえあず面白いゲームを紹介して欲しい!」という人は、前半部分だけ読んでいただけでばOKです。ゲーム制作やゲームデザインに興味がある人は後半も読んでみて下さい。

スポンサーリンク

『Dragon Hills』の面白さを紹介!

Dragon Hills

Dragon Hills
開発元:Cezary Rajkowski
無料
posted with アプリーチ

『Dragon Hills』は、iOS/Android両対応の横スクロールアクションゲームです。
敵の攻撃や障害物を避けながら、ドラゴンとその上に乗る女の子が敵をなぎ倒していきます。
このゲームの良いところを3点挙げるとすると、以下のような感じです。

  • シンプルな操作で爽快感が味わえる
  • 地中に潜り続けて酸欠にならないように、どこで息継ぎをするかを考えるのが楽しい
  • 手に汗握るボス戦がゲームプレイにメリハリを生み出している

まずは公式の紹介動画を見てみて下さい。

建物を壊したり、障害物を避けながら敵を倒していく迫力のある姿が映っていますね。
さて、このゲームの面白さとして挙げた3点をこれから詳しく説明していきます。

シンプルな操作で爽快感が味わえる

操作は非常にシンプル、タップのみです。
画面をタップしている間は地底に潜ろうとし、指を離すと地上に昇って行こうとします。
また、地中深くまで潜ってから指を離すことでジャンプすることもできるので、画面をタップするだけなのに多彩なアクションができるんですね。

20160502-1

操作自体はこのように非常にシンプルなのですが、それでも爽快感を味わえるのは、なんといっても建造物の効果が大きいと思います。
動画にも建造物を壊していく姿は映しだされていましたが、上の画像のように、ドラゴンの巨体が建造物にぶつかると、建造物はガラガラと音をたてて崩れていきます。
その時の音がまず気持ち良い。次から次へと建物が崩れる地響きのような音をたてながらドラゴンが前進していくので、壊している感じが半端なく伝わってくるんですよね。
また、壊した建物の破片が敵にぶつかるとその敵は死ぬので、壊している感に加えて、連鎖している気持ちよさまで味わうことができるんです。

20160502-2

それに加えて、アビリティの存在があります。
『Dragon Hills』では、ステージ上で集めたコインを使ってドラゴンを強化することができます。
その強化で身につけたアビリティによって、視界に映る敵やマグマを氷漬けにしたり、隕石を降らせたりするのが半端なく気持ち良いんです。
轟音に合わせてマップ上に大量の隕石が降り注ぐド迫力の演出は、見ているだけで興奮してしまいます。

地中に潜り続けて酸欠にならないように、どこで息継ぎをするかを考えるのが楽しい

20160502-3

自動スクロール型の横スクロールアクションゲームは大量にありますが、『Dragon Hills』が他のゲームとちょっと違うのは、地中に潜れるところです。
地上にはトゲの防壁やマグマなどの障害物に加え、数多の敵が待ち構えているので、いくらドラゴンといえど愚直に前進しているだけではすぐにやられてしまいます。
そこで、うまく地中を利用する必要があるのですが、地中に潜り続けているとドラゴンといえど酸欠になってしまいます。上の画像の画面下に映っているゲージが空になると、体力がどんどん失われていくんですね。

20160502-4

このゲームでは、マグマに触れると一撃死してしまいます。なので、マグマを見ると地中に潜ってやり過ごしたくなるのですが、潜り続けているとやっぱり酸欠になるのでどこかで息継ぎをしなくてはなりません。しかし、マップもよく出来ていて、そう簡単に息継ぎもさせてくれないのです。
上の画像のように、息継ぎしたいと思って地上にでた直後に、上からマグマが降り注ぐ障害物が設置されていたりします。そこでプレイヤーは、酸欠にならない程度に地中に潜りつつ、息継ぎをしたら上から降り注ぐマグマに殺されないようにタイミングよく再び地中に潜る、という操作を行う必要がありますが、これがまたアトラクションみたいで楽しいんですよ。
体力ゲージがある横スクロールアクションでは、一撃死する障害物の存在は横スクロールアクションの爽快感を殺してしまう存在になりがちですが、その一撃死の障害物ですら楽しさに変換しているのは本当にすごいです。

手に汗握るボス戦がゲームプレイにメリハリを生み出している

20160502-5

『Dragon Hills』はステージ制のゲームで、ゲームオーバーした場合は死んでしまったステージのスタート地点からのやり直しになります。
そして、ステージの最後に待ち構えているのがボス戦です。普通の敵よりもサイズが大きく、体力も多く、攻撃も激しいです。そんなボスたちがユニットになって襲いかかってきます。
場合によってはマグマなどの障害物を避けながらボスとも戦う、という緊張感のあるプレイを必要とすることもあり、乗り越えなければ次のステージには進めない強大な敵、というオーラがひしひしと伝わってきます。
スマホ向けでステージ制の横スクロールアクションゲームは、慣れてくると飽きてしまうゲームが多いのですが、『Dragon Hills』はこのボス戦が良い緊張感を生み出していて、いつまでもメリハリのあるゲームプレイを楽しむことができます

変更を加えたらもっと面白くなりそうなポイント

ここまでべた褒めといっても過言ではないレベルにこのゲームを持ち上げてきました。
僕が思うに、スマホ向けの横スクロールアクションゲームではこのゲームは最高のものです。
ですが、滅茶苦茶頭を悩ませた結果、変更を加えたらもっと面白くなりそうなポイント3点見つけたので、それも紹介しておきます。

ボスを倒した際に落とす大量のコインは、取れる位置に発生させる

20160502-6

手に汗握るボス戦を乗り越えると、そのご褒美としてボスは大量のコインを落としてくれます。何としてもそのコインは拾いたい! ですが、上の画像のように、ボスを打ち上げる形で止めを刺してしまうと、どう頑張っても届かないレベルの遥か上空に大量のコインがばらまかれます。
緊迫感のあるボス戦だからこそ、それを乗り越えたご褒美が拾えない位置に生成されるのはちょっとガッカリです。ご褒美は拾える位置に生成してあげたほうが、ボスを倒した喜びも増しますし、ユーザーがゲームプレイを通じて感じられる喜びは大きくなるように思いました。

ドラゴンの強化をダウングレードできるようにする

20160502-7

上の画像は、ドラゴンの強化を行う画面です。
ゲーム中に拾ったコインを消費してドラゴンを強化するのですが、一度強化してしまうと強くなりっぱなしなんです。
横スクロールアクションが大好きな人であればやったことがあると思うのですが、『ロックマンX』でパーツを取らない縛りプレイでゲームをクリアするような遊び方もあると思うんですよ。ですが、『Dragon Hills』ではゲームを初期状態までリセットすることはできても、一部だけダウングレードすることはできないんですよね。
ドラゴンを強化して戦うのも爽快感があって楽しいのですが、縛りプレイでどこまでいけるかを試してみたい、という気持ちもあります。

ドラゴンに小さな女の子が乗っている設定を活かす

ドラゴンには小さな女の子が乗っていますが、乗っている意味があまり感じられません。
女の子は剣を持っていて、敵と接触した時には一応女の子が剣を振っています。実は敵を倒していたのは女の子だったのです。
しかしドラゴンが大きいこともあり、女の子が剣を振っているモーションが非常にわかりにくいんですよ。

20160502-8

明らかにドラゴンが強そうなので、ドラゴンは女の子を守りながら戦う、というデザインにした方が良いように思いました。
地中に潜ったときの酸欠の設定にしても、こんな強そうなドラゴンが酸欠になるよりも、後ろに乗っている女の子が酸欠になってしまう、という方がしっくりきます
体力が0になったときはドラゴンが骨になってしまいますが、酸欠で死んだ場合はドラゴンはピンピンしてるけど女の子の目がばってんになってドラゴンから落ちてしまうようなアニメーションを流したら面白いと思うんですけどね。

終わりに

この記事では、操作方法はシンプルなのに、非常に爽快感のある横スクロールアクションゲーム『Dragon Hills』を紹介しました。
スマホ向けの横スクロールアクションゲームの中では最高の出来だと思っているので、是非プレイしてみて下さい。
ちなみに、『Dragon Hills』は通常240円なのですが、2016年5月2日時点では期間限定で無料配信されています。

Dragon Hills

Dragon Hills
開発元:Cezary Rajkowski
無料
posted with アプリーチ

 - ゲーム, ゲームデザイン

PAGE TOP