創作ポスト

創作物の力で元気になろう。すてきな創作物を知りたい人、自分で創作物を作っている人に向けて、手紙を書くように記事を届けます。

ローグライクなダンジョンRPGアプリ『Buriedbornes』はここが面白い!

   

PC/スマホアプリ両対応のローグライクなダンジョンRPG『Buriedbornes』の感想/レビュー記事です。
操作は非常にシンプルですが、毎ゲーム違った成長ができるので、どういう戦略でダンジョンの奥深くまで潜るかを考えるのが非常に楽しいゲームです。
この記事では、『Buriedbornes』がどんなゲームなのか、またどうして面白いのかについて触れているので、面白いゲームを探している人は是非読んでみて下さい。


スポンサーリンク

『Buriedbornes』はこんな人におすすめ!

ローグライクなゲームが好きな人には間違いなくおすすめです。
毎ゲーム違う装備やスキルを手に入れながら伸ばす能力と捨てる能力を考えつつ、ダンジョンの奥深くまで進む戦略を練るのが楽しいゲームです。
「僕の考えた最強ビルド」で強敵を倒すことにワクワクする人には是非プレイして欲しいです。

ダンジョンRPGということで、ウィザードリィのような雰囲気も出ているので、そういう雰囲気を好む人にもおすすめです。
コマンド式のバトルなので、ダンジョンマスターっぽさはありません。ウィザードリィ寄りです。

『Buriedbornes』の概要

Buriedbornes 【ダンジョンRPG】

Buriedbornes 【ダンジョンRPG】
開発元:yujiro komine
無料
posted with アプリーチ

『Buriedbornes』は、iOS/Android両対応で、PCのブラウザでもプレイ可能です。
ジャンルはローグライクなダンジョンRPGです。

世界観は、地下深くに眠っていた覇王が目覚め、死せる者ども(Buriedbornes)を使って地上征服をし始めたというものです。
その影響で地上の英雄たちは次々と死んでいってしまったので、最後の手段として地上の人間も英雄たちの死体を蘇らせ、覇王討伐のためにダンジョンにBuriedbornesを送り込みます。
ゲームのクリア条件はシンプルで、ダンジョンの奥底にいる古代の覇王を倒すことです。

20160905-1

ゲームはダンジョンの進行パートと戦闘パートに分かれています。

進行パートは、左右どちらの部屋に進むかを選ぶだけなのですが、その部屋に何が待ち受けているのかを表す情報が与えられています。
魔物が待ち構えている部屋に行くと戦闘が始まり、亡骸のある部屋に行くと死体から装備を得ることもできますが、その亡骸が蘇って襲いかかってくることがあります。
そのため、ダンジョンを進みながら、体力温存のために魔物との戦闘を避ける、強い装備を手に入れるためにリスク承知で亡骸をあさりに行く、などの選択をしていく必要があるんですね。

また、装備は武器、防具、アクセサリの3種類があり、各種類ひとつずつしか持ち歩くことができないので、装備を取得するたびに自分の伸ばしたい能力を考えながら、その装備を持っていくか捨てるかといった取捨選択を迫られます。
そうやって選択を繰り返しながら強くなり、ダンジョンの各フロアにいるボスを倒すことで次のフロアに進んでいくゲームです。

戦闘パートに関しては、最大5つまで覚えられるスキルを駆使しながら戦うコマンド式のバトルです。
大技はクールタイムが長く設定されていたりもするので、スキルを使う順番によって戦闘結果も大きく変わってきます

『Buriedbornes』のここが面白い!

自分の取捨選択が綺麗にハマった時が気持ち良い!

20160905-2

ゲーム開始時は毎回左の画像のようにしょぼい装備から始まります
ダンジョンを進んでいくうちに、右の画像のように新しい装備に出会い、「この装備には魔力が割合でアップする効果が付いているから、他に魔力が大きく上がる装備をゲット出来たら強くなれそうだな」なんてことを考えながら、スキルも筋力依存のスキルは捨て、魔力依存のスキルを覚えていく、という選択をしていきます。
この時点では防具やアクセサリで魔力が上がる装備を取得できるかどうかなんてわからないのですが、それでもそれに賭けて選択する、というのが楽しいんです。
その賭けが外れた場合は筋力も魔力も微妙な中途半端なビルドになったりもしますが、下の画像のように綺麗にハマった場合は本当に気持ちが良いです。

20160905-3

装備は綺麗に魔力で揃えられましたし、ダンジョンの途中で最大体力を越えて回復できるオーバーヒールという特性を取得できたので、とんでもなく硬い魔法使いになりました。

20160905-4

回避率の高い装備を手に入れた時には、上の画像のようにブラインドで敵の命中率を下げて、それに加えてアクロバットで更に回避率を上げたりして、当たらなければ怖くないマンを作ったりもできます。

そんな感じで、ダンジョンの途中で拾ったアイテムから「このキャラをこういうテーマで育てたい」ということを考え、それを実現するのがとにかく気持ち良いんですよね。
「僕の考えた最強ビルド」で敵倒せるじゃん! って感じです。

稀に遭遇するレアアイテムでワクワクする!

20160905-5

稀にでんせつのぶぐと呼ばれるオプションのたくさんついた装備を見つけることがあります。
別のジャンルの話ですが、ハクスラでもユニーク装備を狙ってレア掘りするのは楽しみのひとつですよね。
それと同じような嬉しさを感じられるのが、このでんせつのぶぐです。

こういうゲームが好きな人にとっては、強そうなオプションがたくさんついていて、しかも文字色がレアっぽい色に輝いているというだけで興奮すると思います。
でんせつのぶぐを拾った場合、この明らかに強い装備を基盤にして「僕の考えた最強ビルド」を目指すことができるんです。
これはもう嬉しいでしょう……

豊富なプレイキャラクターで多彩な戦術が組める!

20160905-6

プレイするキャラクターの職業がかなり豊富です。
盾でその身を守り、機会がくれば強力な一撃を叩き込む戦士。
回復手段を複数持つ持久力のある僧侶。
といったように、それぞれの職業が違った戦い方をできるようになっています。

基本職業は戦士、狩人、魔法使い、僧侶の4つですが、魔石を1,000個使うことで強力な職業を開放することができます。
その魔石は課金や動画広告で手に入れることもできますが、ダンジョン中の宝箱から手に入れることもできます。

20160905-7

しかし、その宝箱の中身は罠なこともあり、その場合は爆発によって大ダメージを受けてしまいます。
こういうところはウィザードリィっぽさを感じるので、ウィザードリィが好きだった人はこういう仕組みも好きだと思います。
宝箱から見つけられる魔石は基本的に1個や10個のことが多いですが、稀に100個や1000個出ることもあるので、罠かもしれなくても開けたくなってしまいますね。
ただ、もし階層深くで罠にかかってしまった場合、それが命取りになることも多いのでスリリングです。

終わりに

この記事では、ローグライクなダンジョンRPG『Buriedbornes』を紹介しました。
操作自体は非常にシンプルながら毎ゲーム楽しく悩めるだけでなく、「僕の考えた最強ビルド」が活躍した際には物凄い気持ち良さを感じられるゲームでした。
ローグライクなゲームが好きな人は是非プレイしてみてください。

Buriedbornes 【ダンジョンRPG】

Buriedbornes 【ダンジョンRPG】
開発元:yujiro komine
無料
posted with アプリーチ

 - おすすめの創作物, ゲーム

PAGE TOP