創作ポスト

創作物の力で元気になろう。すてきな創作物を知りたい人、自分で創作物を作っている人に向けて、手紙を書くように記事を届けます。

収入源がひとつだと、自分の人生を自分でコントロールしにくいよね

   

もし、あなたの収入源が会社からもらえる給料だけで、そのたったひとつの収入源が途絶えそうになったとしたら、あなたはどうしますか?

新しい収入源を必死に探す?
それとも会社に必死にしがみつく?

どちらにせよ、莫大な時間をその収入源のために費やさないといけなくなりますね。
「会社に行きたくない」なんて声も毎日のように聞こえてきますが、自分のやりたいことを犠牲にするような、収入源に振り回される人生を送らないためにはどうしたらいいのでしょう?

スポンサーリンク

自分の人生ってなんだっけ?

生きていて楽しいですか?
自分がやりたいと思ったこと、できていますか?

やりたいことを、自分の責任でやってみて、うまくいったら喜んで。
うまくいかなかったら失敗の原因を考えて、また試してみて。
そんな風に、自分で考えて、少しずつなりたい自分になっていく。
それが人生の楽しみだと、僕は思っています。
自分の人生の主導権は、自分にある。だから楽しい。

それが、たったひとつしかない会社からの収入を守り通すために、他の自分のやりたいことを犠牲にして、朝から晩まで嫌々働いていたらどうでしょう。
人生をコントロールしているのって、会社ですよね。
自分って会社のために存在しているんだっけ?
違いますよね? 自分の人生は自分のために存在しているんです。

もし収入源が複数あったら?

ひとつの収入源が途絶えたとしても、100から(仮に)70になるだけです。
継続的に70の収入があれば、普通の生活をしながら新しい収入源を見つけたり、途絶えてしまった収入源を立てなおしたり……戦略を立てることができますね。
複数の収入源がある人には、選択肢があるんです。

だけど、収入源がひとつしかない場合、100が0になるんです。
もし貯蓄がなかったら、目の前の報酬のために、嫌なことだろうと何でも引き受けて、自分を切り売りする羽目になりますね。
自分の人生なはずなのに、選択肢が奪われてしまう。それって怖くないですか?

今の僕たちにできること、そして働くことの意味

今の僕たちにできること、それはたったひとつの収入源にしがみつくことではなくて、収入源を複数持つための試行錯誤を繰り返していくことなのではないでしょうか。
そもそも収入源を確保することって、自分の持っている力を誰かのために役立てることで、対価としてのお金をもらうことですよね。
自分の力の使い道、つまり、誰を幸せにしたいのか、ということも本当は自分で考えていいはずなんです。
自分の好きな人たちのために、自分の力を使う。それって楽しいことじゃないですか。
もし、収入源を確保することが楽しくないときは、自分が幸せにしたいとは思えない人のために、力を使わされているのかもしれないですね。

自分の人生を自分でコントロールするのは大変なことだけれど、今の僕たちにできることを少しずつクリアしていって、楽しく生き抜く人が増えるといいな、と思っています。

 - 生き方 , , ,

PAGE TOP