創作ポスト

創作物の力で元気になろう。すてきな創作物を知りたい人、自分で創作物を作っている人に向けて、手紙を書くように記事を届けます。

電子書籍読み放題の『Kindle Unlimited』は、雑誌を読む人におすすめのサービス

   

Amazonによる電子書籍の読み放題サービス『Kindle Unlimited』が開始しました。
ジャンルによってラインナップの豊富さに差はありますが、普段読んでいる雑誌が読み放題の対象になっている人にとっては、メリットだらけのサービスだと感じました。
この記事では、そんな『Kindle Unlimited』を紹介します。
読み放題の対象になっている本の探し方も紹介しているので、『Kindle Unlimited』への加入を検討している人はこの記事を読んでみてください。


スポンサーリンク

『Kindle Unlimited』の概要

『Kindle Unlimited』は、月額980円で対象の電子書籍の本が読み放題になるAmazonのサービスです。
2016年8月3日時点では、12万冊以上の本が対象になっています。

本を1,2冊買えば980円を越えてしまうので、読みたい本さえあれば元は簡単に取れそうです。

『Kindle Unlimited』はこんな人におすすめ!

1000円近い雑誌を定期的に読んでいる人に特におすすめです。
その雑誌が読み放題の対象になっているか次第ではありますが、もしなっているのであれば、普段読んでいる雑誌にかけるお金だけで、その雑誌に加えて様々な本が読めちゃうんです。お得感しかありませんね。

もし1000円近くする雑誌を定期的に読んでいる人は、その雑誌が対象になっているか是非確認して欲しいです。対象になっている雑誌の一覧はこちらです。

『Web Designing』や『サウンド&レコーディング・マガジン』も読み放題の対象になっています。
どちらも1000円前後の雑誌なので、その読者である僕にとってはメリットだらけのサービスに感じました。

普段読んでいる雑誌が対象になっていない人にとっては、他のラインナップ次第ですね。

普段手に取らないような雑誌を読んでみるのも面白い

雑誌のラインナップは割りと豊富だと感じました。
その中には読み放題の対象になっていなければ読まないだろうな、という雑誌も大量にあります。
ですが、そういう雑誌をパラパラ読んでみるのも面白いかな、と思うんです。

というのも、この世には本当に色んな人間がいます。
自分とは全然違うタイプの人間もいて、そういう人が何を感じているのかだったり、インプットしているのか、という情報を得るチャンスだと思ったんです。

雑誌にもターゲット層があるわけですが、自分とは全然違うタイプの人間をターゲットにした雑誌を読んでみて、この雑誌のターゲット層の人はここで感情が動くのかな、とか、そんなことを想像するのが楽しいです。
『Kindle Unlimited』を使うだけで、今まで知らなかった世界を知るきっかけが掴めちゃうんだからすごいですよね。

雑誌以外はどうなの? 『Kindle Unlimited』のラインナップ確認方法

ここまで雑誌を読みたい人にとってはメリットだらけだということを紹介してきました。
しかし、雑誌に興味がない人にとっては、他のラインナップ次第ですね。
ということで、ラインナップの確認方法をおまけで紹介します。

ラインナップ一覧の確認方法

『Kindle Unlimited』のラインナップ一覧はこちらから確認できます。
Kindleストアを開いて、絞り込みから「読み放題対象タイトル」にチェックを入れた状態です。

興味のある本を探す方法

読み放題の対象一覧から、更に絞り込みたい場合に有効だと思った方法を紹介します。
それは、まず「文学・評論」、「人文・思想」などのカテゴリから絞り込んでから、続けて出版社で絞り込む方法です。

例えば、面白そうな小説を読みたいな、と思った場合、「文学・評論」カテゴリの中の「小説・文芸」カテゴリを開きます。しかし、その中には大量の官能小説が混じっているので、一般小説を探す時にはそのような本が割りと邪魔になります。
そんな時は、出版社の絞り込みで官能小説を出してそうな出版社を弾けば良いわけです。

この方法で面白そうな本があるかどうかを探してみて、もしあれば『Kindle Unlimited』を試してみるのもいいかもしれませんね。
個人的には哲学書が割りと豊富だったのが嬉しいです。

終わりに

この記事では、雑誌を読む人にとっては『Kindle Unlimited』は良いサービスであることを紹介しました。
本のジャンルによってラインナップの豊富さに差はありますが、この記事が『Kindle Unlimited』に加入するか悩んでいる人の手助けになれば幸いです。

 - 読書, Webサービス

PAGE TOP