創作ポスト

創作物の力で元気になろう。すてきな創作物を知りたい人、自分で創作物を作っている人に向けて、手紙を書くように記事を届けます。

AmazonプライムでKindle本が月1冊無料で読めるのはお得?

      2016/08/03

最近Amazonがプライム会員特典を次々と追加しています。その特典の中には『Kindleオーナー ライブラリー』というサービスがあり、Kindle端末を使用することで対象の書籍の中から月に1冊無料で読むことができます。
僕自身が最近このサービスを知り、「うわ、まじかよKindle端末買おうかな!」と思ったものの、少し調べてみると既にタブレットを持っている人が新しくKindle端末を買うほどのメリットはないような気がしました。
僕と同じことで無駄に悩む人がいないように、このサービスが向いている人はどんな人なのか、向いていない人はどんな人なのか、についてまとめた記事です。

スポンサーリンク

『Kindleオーナー ライブラリー』ってどんなサービス?

『Kindleオーナー ライブラリー』とは、Amazonプライム会員向けの特典で、kindle端末からのみ対象の書籍の中から月に1冊無料で読むことができるサービスです。
ちなみに月に1冊無料とは、本が無料でもらえるわけではなく、無料でレンタルできる、という意味です。
次の月になって、次の本を読みたい時は、今レンタルしている本を返却しなければ、新しい本を無料で読むことができません。

このサービスは、おそらく電子書籍デビューする人にKindle端末を売るためのサービスなんですよね。
というのも、Kindle端末はプライム会員の場合4,000円値引きした価格で購入することができます。
Kindle Fireなら定価8,980円ですが、4,980円で購入することができるのです。

ちなみに、『Kindleオーナー ライブラリー』の対象本(一部)はこちらです。
この中から月1冊本が無料になれば、4,980円の端末代くらいなら元が取れるラインナップだとは思いますが、興味のない本が混ざりすぎていて、探すのが手間な感じは否めません。

『Kindleオーナー ライブラリー』のおすすめの使い方

『Kindleオーナー ライブラリー』の対象本の中で2冊以上気に入った本があったとしても、それを同時に読むことはできません。次の本を借りるためには、1ヶ月待つ必要があります。
この点を踏まえると、『Kindleオーナー ライブラリー』は、Kindle端末を既に持っている人が、面白いかどうかが怪しい本を試しに借りてみて、面白かったら購入する、という使い方をするのが良いように思えました。

レンタルという形ではせっかく気に入った本があっても、好きなタイミングで読み返すことができません。
また、大量にある『Kindleオーナー ライブラリー』の対象本の中から、面白そうな本を探すのも非常に手間なので、対象本の中から面白そうな本を探すよりは、面白そうな本を見つけた時にその本が『Kindleオーナー ライブラリー』の対象本だったらラッキー、くらいの気持ちの方が健全に使えるサービスだと思いました。
そういう意味も含めて、Kindle端末を既に持っている人、もしくは電子書籍デビューする人が読書用のタブレットとしてKindle端末を選ぶ場合は、有用なサービスだと思います。
ですが、既に読書用のタブレットを持っている人が、わざわざKindle端末を買ってまで恩恵を授かるようなサービスではないように感じました。

終わりに

この記事を読んだことで、あなたが『Kindleオーナー ライブラリー』に向いている人なのかどうかの判断に役立てば幸いです。
ちなみに僕がオススメする読書用のタブレットは、防水タブレットであるXperia Z3 Tabletです。

 - 読書, Webサービス , , ,

PAGE TOP