創作ポスト

創作物の力で元気になろう。すてきな創作物を知りたい人、自分で創作物を作っている人に向けて、手紙を書くように記事を届けます。

紙の本と電子書籍のメリット・デメリットをまとめてみた

      2016/08/03

電子書籍に抵抗のある人がまだいるようなので、紙の本と電子書籍、それぞれのメリット・デメリットをまとめました。僕は電子書籍が大好きな人間なので、基本的に電子書籍を布教して快適な読書ライフを送ってもらうことを目的に書いています。

スポンサーリンク

紙の本

紙の本のメリット

・ページをめくる感覚
ページをめくったときにうっすら聞こえる紙の擦れる音だったり、紙に触れた時のさらさらとした触感。
この感覚が好きな人も多いのではないでしょうか。僕も好きです。
こういう体験は、今のところ紙の本でしかできません。

・インテリアとしての価値
表紙や帯がおしゃれな書籍もたくさんあります。
そういった書籍を本棚に飾ることは、インテリアとしての楽しみでもありますよね。
本に囲まれる空間を作るのは、心の癒やしにも繋がります。

紙の本のデメリット

・場所をとる
本を大量に買うと、非常にスペースを食います。
「買ったは良いけどもう置く場所がない……」
「出かけるときに持ち運びたいけど、結構かさばるんだよね……」
そんな悩みも多いはず。本を読みたいはずなのに、置き場所が足かせになり、気軽に購入に踏み出せないのって勿体無いですよね。

・本の内容を吸収しにくい
自分とは別の世界観を持っている人が書いた本。
それを読んだだけで吸収するのは無理だと思っています。
読みながらメモをとったりしないと、とてもじゃないけど整理しきれません。
だけど、紙の本に直接書き込むのって勇気がいりますよね。
あと、付箋をぺたぺた貼るのもアリですが、付箋だけで整理しきれるほど本は単純じゃありません。

電子書籍

電子書籍のメリット

・場所をとらないし、いつでもどこでも読める
収納スペースに困ることはありません。
PC, タブレット, スマホ……これらのデバイスの中に、ほぼ無限に本が入ります。
それに、防水のデバイスを使えばお風呂で本を読むこともできます。
加えて、目的の本を探すのも簡単です。
あの本どこにやったっけ? と思ったら、本のタイトルを入力して検索すれば、ポンと出てきます。

・安い
紙の本に比べて、だいたい1割くらい安いです。
それだけでなく、半額セールやポイント何倍! といったキャンペーンも定期的に行われるので、紙の本を買うよりもかなり安く済みます。
稼ぐお金を増やさなくても、たくさんの本が読めます。素晴らしい。

・本の内容を吸収しやすい
kindle本では、文章にラインマーカーを引くことができます。
ラインマーカーを引いたページには、kindleアプリのメニューからすぐに移動できるようになっています。
加えて、そのラインマーカーを引いた場所に対し、自分のメモを書き込むことが可能です。
つまり、紙の本のデメリットである、書き込みにくい、付箋じゃ整理しきれない、といった問題が解決できるのです。
この機能によって、本を読みなおすときにも重要な箇所だけ振り返ることが可能です。

デメリット

・電子書籍の販売店が潰れた場合の書籍データの扱いが不安
電子書籍は、本を読むライセンスを購入しているだけで、本そのものを購入しているわけではない場合が多いです(販売店によって異なるので規約を読んで下さい)。
なので、電子書籍の販売店が潰れた場合、書籍データを再ダウンロードすることができなくなる、ということも起こり得ます。
色んな電子書籍の販売店がありますが、ここなら潰れなそうだろう、と思う場所で買うことをオススメします。

・画像型の電子書籍ではメリットを活かし切れない
電子書籍によっては、ページ1枚1枚が画像で構成されているものがあります。
固定レイアウト型、非リフロー型、画像型などと呼ばれていますが、この形式では、文章にラインマーカーを引く、といったことができません。
雑誌や漫画で固定レイアウトになっているのはまあ良いのですが、たまにプログラミングのリファレンス本でも固定レイアウトになっているものがあるので注意して下さい。
とはいえ、文章がメインの書籍は基本的にこの形式ではありません。

まとめ

電子書籍にはデメリットもあるのですが、本をたくさん読む人にとっては、非常に良い選択肢のはずです。
紙の本が大好きだ、という人は、とっておきの本だけは紙で買って、あとは電子書籍で購入する、という手もあります。
この記事が、自分に合った読書スタイルを見つけるきっかけになったら幸いです。

おまけですが、僕は電子書籍を読むのにXperia Z2 Tabletを使っています。
お湯も大丈夫な防水タブレットって少ないのですが、この機種は大丈夫なのでお風呂でも読書ができて便利です。あと、薄くて軽いので腕への負担も少なめ。
後継機のZ3 Tablet CompactやZ4 Tabletも出ているので、チェックしてみるのもいいかもしれません。

 - 読書 , ,

PAGE TOP