創作ポスト

創作物の力で元気になろう。すてきな創作物を知りたい人、自分で創作物を作っている人に向けて、手紙を書くように記事を届けます。

ポジティブになるには毎日ブログを書けばいいんじゃない?

      2016/02/12

ネガティブ思考を直したくても、ポジティブになる方法(前向きになる方法)がわからない人はたくさんいると思います。起こしてしまったミスをくよくよ悔やんだり、未来に待ち構える重大イベントのプレッシャーに押しつぶされそうになったり、ついついしてしまいますよね。
そんなネガティブな人達は、毎日ブログを書いてみればポジティブになる力が鍛えられるんじゃない? ということを記事にしました。

スポンサーリンク

ブログのネタのきっかけは、ネガティブな感情が多い

ブログを毎日書くとなると、日々を過ごしていく中で「何かネタになりそうなことはないかな?」と探すようになります。
その時にネタのきっかけになるのは、その日に経験した出来事に対して、疑問に思ったこと、自分がどう感じたか、どう思ったか、ということが多いです。一日を過ごしておきながら、何も感じないし、何も思わない、なんてことはあり得ません。なので、ネタのきっかけ自体は毎日ポンポン浮かんできます。
ただ、この時浮かぶネタのきっかけは、「疲れたー面倒くさいー」のようなネガティブなものだけの時も多々あります。

しかし書こうとしているのはブログ。人に届けるための記事です。
そこで「疲れたー面倒くさいー」のような文を書いていてもしょうがないのですよね。

人に届けるために、建設的な考えをひねり出す

「疲れたー面倒くさいー」で思考がストップしてしまうと、毎日ブログを更新することはできません。
じゃあどうすれば更新できるのか。

それは、ネガティブな感情を建設的な話にする方法を自分の頭で考えることです。
そうすれば、「疲れた」は「今日は疲れたけど明日から疲れないようにするためにはこうすればいい」というネタになるし、「面倒くさい」は「どうして面倒くさいのか、じゃあこうすれば面倒くさくなくなるんじゃない?」という建設的なネタになります。

僕もネガティブな人間ですが、ネガティブな人間が毎日ブログを書こうとすると、おそらくこのプロセスをたどることになるはずです。
ネガティブの塊だと思っていた自分でも、意外とポジティブな結論にたどり着けたりするので面白いですよ。

終わりに

ブログを書くと自然と考える癖が付きます。ネガティブな「悩み」を建設的な「考え」に変換するためには、ブログを書いてみるのも良いのではないでしょうか。

 - 生き方, Webサイト運営, ブログ論

PAGE TOP