創作ポスト

創作物の力で元気になろう。すてきな創作物を知りたい人、自分で創作物を作っている人に向けて、手紙を書くように記事を届けます。

2016年夏アニメ、これだけは見て欲しいおすすめの3作品

   

2016年夏アニメが放送開始されました。
今期も新アニメの本数が多いですが、面白そうなアニメは見つかりましたか?
僕は一通りのアニメの一話を見終えたので、一話を見た時点で最終話まで楽しめそうだと思ったおすすめの三作品をピックアップしました。2期目以降の作品に関しては除外しています。
「アニメは好きだけれど、全部チェックしている余裕はない……」という人がこのレビューを参考にして、新アニメを楽しんでもらえると幸いです。


スポンサーリンク

甘々と稲妻

甘々と稲妻: アニメ公式サイト

ハートフルな作品が好きな人、あたたかい気持ちになりたい人はこの作品がオススメです。

妻を亡くしたばかりの主人公が、男手ひとつで5歳の娘を育てています。
主人公は料理が下手で、食事も出来合いの弁当で済ませてしまいます。家事を一人でこなしてはいるのですが、娘にだけ先に食事を取らせて、その間に家に持ち帰った仕事をやったりしています。
そんなふたりはある日、花見スポットで「ご飯が美味しい」という理由で泣いている少女と出会い、主人公は娘にまともなものを食べさせていなかったことに気付きます。
この作品は、そんな主人公が「娘に美味しいご飯を食べさせてあげたい」という気持ちに目覚めて、料理を頑張っておいしい食事を大切な人たちと楽しく食べるお話です。

家族と楽しく食事をする時間というのは、本当は当たり前に存在するべき幸せな時間なんだろうけれど、仕事があったりすると疎かになってしまいやすい部分でもあるのかもしれません。
娘の「おとさん(お父さん)と一緒に食べるの久々ね~」という一言だったり、そのあとの主人公のハッとした表情を見ると、家族を笑顔にできる時間がこんなに身近にあったんだ、という当たり前の大切さを感じられて、あたたかい気持ちになります。
また、お米を研ぐときのシャカシャカという音や、土鍋の蓋を持ち上げた時のコトっという音とそれから広がる湯気だったり、音やビジュアルから、「美味しくできるかな、この料理で食事を楽しい時間にしたいな」という料理のワクワクする部分も感じられる作品でした。

91Days

91Days: アニメ公式サイト

復讐劇、サスペンスなどが好きな人にはこの作品がオススメです。

舞台はマフィアに支配された西洋風の街。
主人公は、幼少期にマフィアの抗争によって家族全員を亡くしており、心に深い闇を抱えている青年です。
その主人公が大きくなり、家族を殺した人間に復讐するために、家族の仇の属するファミリーに入り込むというお話。

主人公は心に本当に深い闇を抱えているみたいで、おそらく仇を討つことさえ達成できればあとはどうなってもいいと考えていそうな雰囲気を醸し出しています。
家族の仇の属するファミリーに近付くため、主人公の家族が殺された事件を知っており、ファミリーとは関わりたくないと言っている幼なじみも巻き込んだりもします。
口では友人を大切に思っているようなことを言っていますが、少し話が進むと裏切りなども起きて相関図がガラリと変わってしまいそうで、毎回ハラハラしながら見ることができそうなアニメです。
陰鬱な雰囲気が漂うこの作品ですが、不気味さを煽るBGMだったり、良い感じの話の幕引きから繋がる悲壮感の漂うED曲だったり、作品全体の世界観の統一が素晴らしいので、シリアスな作品さえ好きであれば安心して楽しめると思います。

あまんちゅ!

あまんちゅ!: アニメ公式サイト

日常系作品が好きな人、元気を分けてほしい人にはこの作品がオススメです。

舞台は伊豆です。海が綺麗ですよね。
この作品はダブル主人公で、ひとりは何でも前向きに感じて周囲をぐいぐい巻き込んでいく”ぴかり”、もうひとりは引っ込み思案で割りとマイナス思考っぽい”てこ”。
この作品は、自分の世界から一歩踏み出すことができない”てこ”が”ぴかり”と出会い、今までの”てこ”では経験したり感じたりできなかったことを”ぴかり”と一緒に経験することで、”てこ”が新しい世界へと一歩を踏み出せるようになる成長物語なんだと思いました。

とにかく“ぴかり”の一挙一動から「今を楽しんでいる」という雰囲気が伝わってきて、”ぴかり”を見ているだけで眩しくて泣きそうになります。
それだけでなく、入学初日の教室のドアを開けたときに視界が光で満ちていく様子を丁寧に描いたり、日常の何気ない景色を美しく描いてくれる作品でもあります。
この作品を観ていると、本当は身近にあるのにいつもは見過ごしてしまうようなキラキラした出来事を”てこ”と一緒に感じ取れるようになる、そんな気がする素敵な作品でした。

終わりに

今期は涙あり、笑いあり、シリアスあり、と色んな良いアニメが多いです。
今回紹介した三作品は特に面白かったので、時間のない方もこのレビューを参考にアニメを楽しんでみて下さい。

 - おすすめの創作物, 映像作品

PAGE TOP